スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
社員旅行で台湾へ!!
8月28日から2泊3日間、社員旅行で台湾に行ってきました
DSC03269.jpg

たからでは初めての海外旅行です

1日目は中正紀念堂龍山寺台北101に行きました
DSC03453.jpg龍山寺台北101からの夕焼け

台北101の展望台から見た夕焼けはとても綺麗でした

そして夕食はフカヒレアワビ専門店鼎極魚翅で高級台湾海鮮料理に舌鼓
フカヒレアワビ専門店

そして2日目は中国歴代皇帝の秘蔵品を展示した故宮博物院、衛兵交代式で有名な忠烈祠、商売の神様が祀られている行天宮、映画「千と千尋の神隠し」のモチーフにもなった九份

故宮博物院忠烈祠行天宮九份

昼食は世界ブランドで小龍包の本家といっても過言ではない鼎泰豊にて手作りの小龍包を

鼎泰豊

そして最終日は健康に働けるよう無病息災の神様が祀られている保安宮

保安宮

日本とは違う文化に触れ、驚きもありつつ、楽しく、有意義な時間を過ごすことができ、とても良い思い出になりました
次はハワイに行けたらいいなぁと思いつつ、それを目標に従業員一同、日々精進していきたいと思います





















スポンサーサイト
[2017/09/01 15:58] | 報告 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
2016年、今年もたからの木々が紅葉しました。
紅葉①
立冬も過ぎ、次第に寒くなっていますが、たからの木々はすっかり色づいて、今が紅葉のピークを迎えています

紅葉②
欅(けやき)、楓(かえで)などが茜色に染まっていて晴れた日の青空によく映えますね

紅葉③
日々落ち葉もすごい量で、見頃はあっという間に過ぎそうですがもう少し見れますよ
是非ご来店をお待ちしております(*´∀`人 ♪




[2016/11/17 14:29] | 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年も「吊るし柿」を作りました。
今年も初冬の風物詩「干し柿」を
店舗南側に吊るしました。

干し柿2015-1

干し柿のはそのままでは食べられない渋柿ですが、
干して乾燥させることにより渋味がなくなり、甘味が強く感じられるようになります。
その甘さは砂糖の約1.5倍とも言われています。

干し柿2015-2 干し柿2015-3
干し柿2015-4 干し柿2015-6

この干し柿は「あたご柿」という完全渋柿で、干し柿に適した柿とされています。
現在200個以上干していますが、その中にたからファームで採れたあたご柿も含まれています。
一か月ぐらい掛けて食べごろのなりましたら、店頭でも販売する予定です。
もう少しお待ちください。
[2015/11/21 13:27] | 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北海道美瑛町の小豆農家産から作況報告が来ました。
北海道美瑛町から豆の作況報告が届きました。
以下、そのまま引用します。



8月に入ってからの日が多く、湿度の高い日が続きましたが
そのせいか草丈も一気に伸びて生育は非常にいい感じです。
手亡は枯れはじめ、小豆は花が咲き莢が着きだしております。

斉藤 しゅまり①_R 斉藤 しゅまり②_R

斉藤 しゅまり③_R 斉藤 しゅまり④_R
しゅまり

斉藤 絹手亡①_R 斉藤 絹手亡②_R

斉藤 絹手亡③_R 斉藤 絹手亡④_R
絹手亡

次の報告をお待ちください。
[2015/08/30 10:03] | 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新潟県魚沼産一等米「こがねもち」が届きました。
夢菓房たからに新潟県魚沼産一等米「こがねもち」が届きました。

こがねもち」はもち米の王様と呼ばれ、最高級の品質を誇り、ねばり、こし、風味のどれをとっても、もち米の最高級ブランドです。餅にした際のコシや伸び、舌触りの滑らかさ、もっちりとした歯ごたえが特徴で、餅に最適の米とされています。煮崩れしにくいことも特徴の一つです。
年末年始のお餅に使用します。
どうぞ、夢菓房たからの一等米で作ったお餅をご賞味ください。

新潟魚沼産「こがねもち」11
等級の二重丸が一等米のしるしです。
新潟魚沼産「こがねもち」12
新潟県中魚沼郡津南町の農家さんが作りました。
新潟魚沼産「こがねもち」2
冷所で大事に保管します。

[2014/11/13 15:27] | 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。